すまいる堂
GIFによるパラパラ漫画ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
でんしゃ・で・じい 【電車でG】
Gショックとも言ふ。
zura.gif

地球上の物体には、地球が物体を引く力(重力)がはたらく。
物体の質量をm〔kg〕とすると、重力の大きさはmg〔N〕で、向きは
鉛直下向きである。物体の質量m〔kg〕と、その物体にはたらく
重力mg〔N〕とを結びつける定数g〔m/s2〕は重力加速度と呼ばれ、
地球上の場所によってそれぞれ異なる値を示すが、
値はほぼ9.8〔m/s2〕であり、標準重力加速度として1901年の
国際度量衡総会にて9.80665〔m/s2〕の値が定義されている。
他のgの単位としては、測地学や地球物理学において用いられる
単位〔gal〕や慣例的に用いられる単位〔G〕がある。
MKS単位系の加速度単位〔m/s2〕との換算は次の通りである。
 1〔G〕=980.665〔gal〕=9.80665〔m/s2〕


京都大学地質学鉱物学教室重力室
(国際基準点)におけるg値=9.7970727〔m/s2〕
東京大学理学部化学館地下原点室に
おけるg値=9.7978872〔m/s2〕
(丸善「理科年表2001年版」による。)
要するに、地球上に住んでる限り重力
には、逆らえないって事だ。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
COPYRIGHT © 2004 POWERED BY FC2 ALL RIGHTS RESERVED.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。